すたじお やまあらしロゴ
ビッCLIE
ソニーのCLIE PEG-NX80VやPEG-TH55(欧州版含む)をはじめ、Palmを過激に徹底的に使い倒すテクニック です。
ちなみにCLIEとは、Communication Linkage for Information & Entertainmentの略だそうな。

GraffitiとGraffiti2
OS5.2のGraffiti2は慣れるまで時間がかかるだけでなく、二筆書き文字の認識のため時間がかかったり、そもそも認識率が低かったりし、なかなか不便という意見が多いようです。そこでOS5.0までのGraffiti(通称Graffiti1)にダウングレードする方法があります。なお、使用許諾違反となる可能性があるので注意。
Graffitiに拘らず、より自分の癖にあった認識を期待する場合はTealScriptを用いるのが便利です。
  • OS5.0(NX-80Vなど)に含まれる、GraffitiライブラリのROMファイル2種
    Graffiti Library (Type:libr, Creator:grft)
    Graffiti Library_jpJP (Type:ovly, Creator:grft)
    を、FileZでTH55にビーム/メモリスティック経由でコピーし、ソフトリセットすると、Graffiti1が使えるようになります。
    ※ROMとRAMに同名ファイルが存在する場合、RAMのほうが優先してアクセスされる原理を用います。
  • 日本語版と英語版のGraffitiには互換性がありません。
    また、UX50などの横型Palmと普通の縦型Palmとの間の移行も失敗します。
    更に、PalmOS Simulator(OS5.0相当)に含まれるGraffiti Libraryもハードウェアにコピーして用いることができません。
    ちなみに、Graffiti置き換えに失敗すると、必ずハードリセットの憂き目に遭います。

Graffiti 1(一筆書きのほう)については、Access社からの提供でAndroidにて使えるようになりました。


CLIE Organizerを更に置き換えるアプリの薀蓄
  • PalmOS標準アプリとCLIE Organizerでは、100%のデータ互換性はないので注意。使い続けるならどちらかに限定する必要があります。
  • PalmOS標準アプリもCLIE Organizerも、更にIntellisync(Lite for SONY CLIE)も、「複数日にわたる予定」や、 「定期的なアイテム」がサポートされません。従って、OutLookの「複数日にわたる予定」と「定期的なアイテム」との区別がつかず、いずれもマルチデイとして処理され、前者は時間が不正確にCLIEに転送され、後者は全く転送されないことがあ ります。従って、予定表データについてはOutLookと「シンクロナイズ」してはいけません(OutLookのデータが破壊される)。
    ただし、予定表の月表示における文字表示は一覧性に優れており、下に表示されるマルチメディアデータをペタペタ貼り付けられる点など「新・手帳機能」も非常に便利なので、「OutLook」→「Clie Organizer(アドレス帳)」の一方通行でデータを書き換え、またマルチデイイベントが不正確な点を割り切って使うことにな ります。この点を割り切れないならKeyDatesを用いるべき。
  • アドレスは写真も入る点が便利。CLIE同士なら名刺交換時に写真も入ります。ただし、OutLookのデータが全て転送されるわけではないので、連絡先データを殆ど持ち歩きたいならKeyContactsも併用すべき(ただしこちらは振り仮名 サポートがないので一長一短ですが)。
  • To Doは純正アプリよりは使いやすいが、アラームがないと不便な場合、To Do Plusをインストールし、そちらを使うのがよいかもしれません。なお後述のKeyTasksのほうが遙かに便利。
  • 手書きメモはワイドハイレゾ対応のおかげで、OS5.0時代のCLIEについていた「CLIE MEMO」より数倍便利。紙手帳感覚でバリバリ使うべし。
  • メモ帳はフォントサイズを最小にすると一覧性がよいのですが、メモリスティック内のテキストを見るには甚だ不便。 自分に合うエディタを入れるのが吉。テキストビューアが必要ならPookを用いましょう。
  • 要らない便利情報は削除して、本体メモリ容量を確保すべし。新しい情報は自分でネットから確保してhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~BugMaker/Clie/(リフィル自作ソフト)で見やすく編集するか、あるいはDocuments To GoかPicsel Viewerで読める型式に変換して流し込むのが通。ちなみに最初の手間が掛かる分、リフィル化したほうが後からCLIE Organizerですぐ見られるので便利。Adobe Viewerは、言われているほどには便利ではないかもしれません。

KeySuite
上に書いた通り、PalmOS標準アプリ(およびそのデータを一部共用しているCLIE Organizer)では、予定表のマルチデイ処理や住所録の転送カテゴリの制限が多いため、これらを全て置き換える(実際にはreplaceではなくてbeyond)PIMソフトとして、KeySuiteがあります。
IntelliSyncやPocketMirrorと異なり、標準アプリではなく独自のPIMソフトをPalmにインストールし、これにデータを受け渡すので、当然ながら標準アプリとのデータ共用/互換はありません。OutLookで厳密なスケジュール管理をしている場合はこのソフトが必須。ちなみに約5000円。

PEG-TH55にあると便利なPalmWare
OS5.2のPEG-TH55でも、OS5.0以前のCLIEに入っていたアプリは殆どそのままコピーして使えます。ただし使用許諾に注意。
  • Movie Recorder
    Movie Playerと対になるソフト。パソコン上ではQuickTimeで再生できる。NX80V等からビームしてTH55でも使えるが、使用許諾違反になる恐れはある。ちなみに、CLIE Camera(スチル)と切り替えて使うことが出来るが、PEG-TH55同梱のCLIE Cameraには(当然ながら)Movie Recorderとの切り替えボタンはありません。
    なお、Movie Recorderを入れると、レンズカバーを開けた時の自動起動ソフトがMovie Recorderになってしまいます。これを直すには、PEG-TH55自体のCLIE Cameraを一度メモリースティックに書き出し、これで本体のROMを上書きする必要があります(RAMを消費しますが)。
  • Photo Editor
    写真へのお絵かきソフト。CLIE上で画像加工することはまずないでしょうが。
  • PhotoStand
    要はスライドショーソフト。メモリースティック内のMP3ファイルをBGMに使えます。 リソースデータもコピーする必要があります。
  • World Alarm Clock
    世界時計としても使えますが、アラーム機能が大変嬉しい。CityTimeとどちらが良いかは好みによ るかと。
  • Navin' You Pocket
    パソコン上でMapCutter(およびNavin' You)と連携して用い ます。MapCutterはNavin' You専用マップからの地図切り出しソフトですが、バージョンは2.1を使います。なお、NY PocketのOS4用はOS5では使えないので注意。
  • TVScape
    出張先で新聞のテレビ欄をチェックできない時など、大変重宝しましたが、2006年11月を以ってCLIE用テレビ王国データ配信は中止だそうな。
  • Navin' You Pocket
    Navin' You専用マップ(やナビ研S規格拡張フォーマット)からデータを切り出し取り込み、ビューアとして使用。近くのコンビニやガソリンスタンドを探す時に便利。下の「Navin You Pocket用データをナビソフトから作成する」も参照。ビットマップ地図ならばルプランやminatlas(これらはナビゲーション可能)、プロアトラスLite PDAを用いる方法もある。

入れておきたいPalmWare
  • ンソ字FIX
    ハイレゾ機におけるソとンの判別しづらさを解消。フリーウェア。
  • Documents To Go
    Windowsとのファイル交換や、ごく簡単なOfficeファイルの編集に便利。商品。
  • Easy Calc
    関数電卓。日本語化もされているというが、Hackソフトを入れないと動かない模様。フリーウェア。
  • FileZ
    別にCLIE Files(McFilesをベースにしている)でもよいのだけ ど、禁断のROMファイルコピーのためには、このソフトは必須(Graffiti入れ替えとか)。フリーウェア。
  • 小児科臨床メモ
    小児科を中心に、日常臨床で非常に役立つデータがたっぷり。ハイレゾ機用のplucker本体arm機用のzlibライブラリーを併用すること。 フリーウェア。
  • POOK
    電子書籍ビューア。メモリスティックの\textsフォルダに入れたテキストファイルも読むことが出来る。フリーウェア。
  • 医療に役立つ略語辞典
    POOKと共に使用。フリーウェアの辞書としては完成度が高い。
  • 今日の治療薬
    さすが商品だけあって、データの豊富さ・正確さ・検索の便利さでは群を抜く。ただし先発品しか載せてないので、このソフトだけでは書籍版には遠く及ばない。
  • ジェネリッこ
    ユニークな名前のソフトだけど、これとPDA版「今日の治療薬」を組み合わせると、一気に便利さ急上昇。医療者にとってPDAが手放せなくなります。
  • ザ・レジデント、メディクイックブック
    ガイドラインとムンテラ用文章集。具体的な薬価を調べたい時には、これも入れておくとよい(今日の治療薬へリンクすることも可能)。
  • 右腕シリーズ
    略語辞典や点滴流量計算などのツール集。あると便利だが、このあたりはフリーウェアの使用でもよいかもしれない。
  • TimeCopy
    HotSync時に、パソコンとPalmとの同期をしてくれる。
  • 六曜定義
    CLIE Organizer用の六曜データを計算・生成してくれます。日本能率協会が更新データを作ってくれなくなっても将来にわたって便利。
  • CLIE Remote Commander
    要は家電用リモコン。ソニー以外の製品にも使えるというが…。使い勝手はリモコンコンのほうが良い?ちなみにTH55ではLEDが光らず、使用不可。
  • BBeB辞書ビューア
    TH55DKの付属品だが、これがあるとパワーディクショナリー以外のメモリースティック電子辞書も使えるようになる。あまり使う機会は少なそうだけど…。
  • Clean.U
    文字通り、アプリ(pdb)の残骸やゴミ類をきれいに取り除いてくれる。
  • G-PrefView
    いわゆるレジストリエディタ。様々なゴミエントリの削除にも使える。
  • Picsel Accelerator
    文字通り、Picsel Viewerを高速化する。
  • CRIミドルウェア・ナポレオン
    オシテメッセ
    ふっせん
    Insaniqualium
    いずれもパームのための名作ゲーム。「オシテメッセ」は中毒性が極めて高いので要注意。Insaniqualiumも子供騙しの水族館ゲームと思っていると嵌る。
  • Monopoly
    Scrabble
    Trivial Pursuit
    StaBu362
    こんなゲームも移植されている。StaBu362はリバーシというかオセロ。

PEG-TH55/E1(欧州版PEG-TH55)の日本語化
欧州版(というか英国版)PEG-TH55は、基本的に2バイト文字をサポートしていませんが、JaPonの導入で日本語表示が可能となります。
PEG-TH55/E1は、無線LANのみならずBluetoothも搭載していることや、(たぶん)OS本体のDBサイズが小さい分、速度も速いと言われており、TH55/E1+JaPonでも、日本語版TH55より速いという報告があります。

PEG-TH55/E1(欧州版PEG-TH55)での日本語アプリの互換性
JaPon導入後のPEG-TH55/E1では、PEG-TH55(日本語版)の殆どのアプリをコピーして使えます。ただし使用許諾違反になりえますので注意。
当然、メモリも大量に消費します。以下、当方確認済のものを。
  • 標準アプリ
    アドレス帳・カード情報・メモ帳・辞書・初期設定・電卓・予定表・HotSync・MS Backup・Sound Utility・ToDoなど
    TH55からのビーム/メモリスティック経由コピーの後、使えるようになります。メニューも日本語になりますが、カテゴリや日付など、OSの根幹部に関連する部分は日本語化されません。アドレス帳で振り仮名が使えるようになるのはかなり便利。
  • CLIE用アプリ
    AudioPlayer・CLIE Camera・CLIE Files・CLIE Mail・CLIE Organizer・Data Import・Voice Recorder・MoviePlayerなど
    ROMのソフトも、ビーム/メモリスティック経由コピーで使えるようになります。OS5.0以前の日本語版アプリも当然使用可能。
    CLIE同士なので、MakeMeClieを使う必要もありません。
  • Prefs(Bluetooth関連が含まれているので無理)・Security・CLIE Demo・CLIE FAQ・Decuma・NetFrontは日本語版での上書きはできないようです。
    Picsel Viewerはファイル名とテキストファイルが文字化けします(なぜかPDF内の日本語は正常表示します)。PEG-TH55特有の問題かどうかは不明です。

もちろん、Graffiti1については、日本語化後も英語版Palm由来のライブラリが必要です。間違って日本語版Palmからライブラリを導入するとハードリセット。


PEG-TH55/E1(欧州版PEG-TH55)でのNavnBTiの使用
PEG-TH55/E1にはBluetoothが搭載されており、HU-BT1の外付けなしにルプランが使用できるようです。

ただし、Navin' You Pocket 2.2(+Navin' You専用マップ)においては、Bluetooth対応GPSキットを認識させるためにはNavnBTiを用いる必要があります(Bluetooth非内蔵のPEG-TH55日本語版などでは、HU-BT1+NavnBTが必要です)。

WGS-84測地系のGPSキット(BTGPSIIIで確認、その他のBTGPSシリーズでも使える筈)にも対応しています。

  NvPilot,PalmGPS2,minatlasといったGPSソフトもあるようですが、これについては調査中。


Navin You Pocket用データをナビソフトから作成する
PalmOS4用のMapcutter 1.0ならナビソフトにも対応しているので、普通に切り出せばよいのです。
しかし、PalmOS5用のMapcutter 2.0以降はナビソフト非対応で、仕様ではデータ切り出しはNavin' You専用マップからしか出来ないことになっています。MC2.0以降でナビ研S規格拡張フォーマットの最新データを使いたい場合は、以下のような手段をとる必要があります。詳しくはパソコンでカーナビ参照。
  1. NavinYou.exeのバイナリを弄り、「ナビ研S規格拡張フォーマット」→「お出かけパック」の変換が出来るようにする
  2. ナビソフト最新版(のCDイメージ)をNavin' Youに読み込む
  3. Navin' You Pocketで切り出したい部分を想定し、やや大きめにお出かけパックとして切り出す
  4. Mapcutter 2.0以降を起動してこのお出かけパックをで読み込み、CLIE用地図をメモリスティックに切り出す
 

Last Updated:2016/12/11
Copyright (C) 1997-2016 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.