すたじお やまあらしロゴ 20th ANNIVERSARY since 1997
かんたんLOGO言語情報
私がロゴ言語を知ったのは、当時高校生だった1991年の年末のこと。
朝日新聞北海道支社とロゴジャパン(株)主催の「第1回ロゴライターによる夢大賞」広告が始まりでした。日曜版に全面カラーで掲載された作品サンプルと画面イメージは、次世代の高級言語の出現を予感させると同時に、創作意欲を大いにかき立てたものです。
児童・生徒向けロゴライター講習会にも参加してみたのですが、直感的なプログラム構築が可能な点はBASICとは比べ物にならないほど素晴らしく、大変驚きました。
今では考えられないことですが、「夢大賞」応募予定者はロゴライター2フルセットの無償貸与を受けられたことなど、この新言語の普及に各関係団体がかなり力を入れていたことが伺えます。
いざプログラミングを開始すると、当時のDOSの640KB制限のせいで巨大プログラムの制作には難を感じましたが(結局、漢字命令の多用により文字数を減らす方法で対処)、思い付いた部分から書き始めて最後にひとくくりにするという、まさに構造化言語の便利さを充分に味わうことが出来ました。

「夢大賞」はその後北海道では第3回まで、静岡地区などでも開催されました。またロゴライター教室(NECマイコンプラザ/パスコット・イン・札幌)も開かれましたが、パスコット・イン・札幌自体が、20世紀末で閉鎖されてしまいました。。。


ロゴ言語を知るためのキーワード集

ロゴ言語
シーモア・パパート教授らが開発した教育用プログラミング言語(兼コマンドインタープリター)。BASICに類似した特徴をもつが、C言語に近い構造化言語の性格も強く示し、再帰的記述に対応。タートルグラフィックスが最大のポイント。

リカージョン
ロゴ言語の特徴の一つである、再帰的記述法。説明は難しいので、関連ページの多くのプログラムを見て実感してください。

タートルグラフィックス
絶対座標/相対座標の関係や、カーソル自体の持つ移動能+ベクトル要素の理解を助けるために、画像(&文字)表示用カーソルをカメの形にしたもの。


ロゴ言語関連のリンク
株式会社ロゴコミュニティ(旧ロゴジャパン株式会社)
ロゴライターシリーズの国内総販売元であるロゴジャパン株式会社が、本社を東京から京都に移し2003年冬に再出発。URLも変更となっている(&現在「ロゴジャパン」は全く別の会社の名称となっている)ので注意。
  • ロゴライターVer.1
    ロゴライターの歴史はここに始まる。Macintosh用もありました。
  • ロゴライター2
    PC-9801シリーズやFM-TOWMSをはじめ、各機種のMS-DOS上で動作し、全国の教育現場で大ブームを巻き起こした。Ver.1型式の読み込み、仮名・漢字・英語プログラムの相互変換も可能。
  • ロゴライターWin
    Windows全バージョンに対応し、Ver.2以前のロゴノートも実行・変換・エミュレート可能。通信ポート制御・レゴロゴコントロール・マルチメディア管理も出来る理想の開発環境。Ver.1体験版は現在でもVectorからダウンロード可能です。最新版はVer.4。Windows8にても動作します。
    ロゴライターのリファレンスマニュアルより優れたロゴ言語の解説本を私は知りません。
  • レゴロゴコントロール
    LEGO TC Logoとも呼ばれる工学教育システム。文字通り、レゴブロック(テクニカルセット)の動作をロゴライターで制御するもので、各種センサーの働きにはじまり、多くの家電製品の原理を体感できる先進的教材であった。この精神は、近年爆発的ブームを巻き起こしているLEGO Mindstorms、さらにはLego ductaに受け継がれている。

ロゴ坊のページ
現在、国内で最もロゴ言語関連情報が充実しているサイト。ですが、最近はオリジナルのオブジェクト指向プログラミング言語ドリトル(残念ながらロゴ言語との互換性はありません)の話題が中心です。

  • ロゴ坊
    完成度の極めて高いロゴ実行環境。フリーウェアでしたが、開発が終了しました。

So Atronics Inc.

  • MSWLogo(Microsoft Windows Logo)
    世界中で使われている、フリーウェアのロゴ言語インタープリター。日本語版は(株)リライアンスから発表されていましたが、閉鎖されてしまいました。

Logo Computer Systems/創育

  • Microworldsマイクロワールド
    プラグイン形式でウェブページ上での動作も可能な、 現在最もアクティブに開発が続いているロゴ言語インタープリタ。

マルチメディアコントロールコマンドを含まないテキストのプログラムは、各々の実行環境の間で相応の互換性があります。

 

Last Updated:2017/07/20
Copyright (C) 1997-2017 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.