すたじお やまあらしロゴ 20th ANNIVERSARY since 1997

TIPS

以前、オンラインドキュメント集・NeXTAnswersには、インストールに必須な情報をはじめ
  • 起動時のOS・ブートデバイスを選択する
  • CD-ROMのみでNeXTを運用する
  • sendmailのタイムアウトを防ぐ
  • 忘れたrootパスワードを変更する
  • マルチパッケージを作る

などといった非常に有益なTIPSが多く掲載されていたのですが、悲しいことにNEXTSTEPやOPENSTEPの発売終了後、ウェブページも閉じられてしまいました(til.info.apple.co.jpにはいくらか残っていますが…)。

ドライバ名は一致するのに認識されない周辺機器をインストールする その周辺機器のAutoDetect IDを調べ、Configure.appでドライバの設定ファイルに書き加える。ISAバス接続の機器なら/private/Drivers/i386/EISABus.config/PnPDumpが使える。
boot時に「Config=Default」にしても正常起動しない場合 -s(シングルユーザーモード)で起動。シンプルエディタpicoを起動し、/usr/Devices/System.config/Default.tableを編集。原因と考えられるドライバのエントリを外す(ディスプレイならVGAにする等)。加え、そのドライバ.config/Instance0.tableを消去(あるいはリネーム)して無効化。
PPP接続中のSystem Panicを防ぐ オリジナルのSKIN付属のPPPから、PPP2.3にアップグレードする。
POPではなくiMap対応の日本語メーラーを使う iMail.appやMailManager.appを探す。
モデムPCカードを使う PCMCIA、TTY、Port Serverのドライバが3つとも必要。
ルートディレクトリを見やすくする Coolなアイコン集のppai's iconsを使う。
MacOS X ServerのGUIをNeXTSTEP風にする defaults write NSGlobalDomain NSInterfaceStyle nextstepを実行。defaults delete NSGlobalDomain NSInterfaceStyleで戻る。ver.1.2までなら有効。http://www.gadgety.net/shin/tips/mac/gui_style.html参照。
2.1G〜8.4GのHDDにインストールする NeXTのインストーラーは、2.1G以上のHDDに対してはBSDパーティションを自動的に作成して認識するのだが、このプロセスがうまく行かないことがほとんどなので、手動でパーティションを切る必要がある。
 

Last Updated:2017/07/20
Copyright (C) 1997-2017 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.