すたじお やまあらしロゴ

 

 Windows2000/XPのインストール
Windows2000やXPインストールにおける上級技を紹介しましょう。
協力:
STUDIO TAKUTO

 インストール上の注意
setup.exeのオプションを活用する 互換性情報を活用する
  • Win95/98/ME系列からのアップグレードインストールの途中で、ハードウェア・ソフトウェア(setupact.txt)と、オブジェクト(upgrade.txt)の互換性情報が提供されるので、これら2つのレポートファイルが生成された時点でインストールを一度中断し、この互換性情報を吟味するのも、アップグレード後の様々なトラブルを防ぐためには有効です。
  • HDDの残り容量が少ない場合は警告があっても、CPUの周波数やメモリに関しては殆ど警告されないので注意が必要。従って、マニュアルに記載された必須環境(出来れば推奨環境)以上でないと、インストールは確実に失敗します。
Win2000/XP未対応のアプリの例
  • レジストリを書き換える一部のインストーラー
  • Win95/98/ME系列用ドライバを用いているアプリ全て
  • Norton AntiVirusを含むディスクユーティリティー全般(ちなみにWinNT用も使用不可)
  • Microsoft OfficeはOSをアップグレードしたら再インストール必要。
  • MS-DOS 構成ファイル(Autoexec.batやConfig.sys):起動時に実行したい場合は、スタートメニューの「スタートアップ」フォルダにショートカットを作成する必要がある。
  • Windows95/98/MEのシステムを含むバックアップ ファイル
 

Last Updated:2018/06/10
Copyright (C) 1997-2018 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.