すたじお やまあらしロゴ 20th ANNIVERSARY since 1997
パソコンでカーナビ2017
 パソコンやカーナビの地図ソフトには、
  • 画面が美しいグラフィックデータ地図(プロアトラス・マップル電子地図帳など)
  • ルート探索が可能なベクトルデータ地図(ゼンリン電子地図帳Z[zi:]・Navin' You専用マップ・ナビ研フォーマット地図)
…の2種類があり、いずれもCD-ROM1枚当たり数千円程度で購入できます。また、パソコン用GPSキットも2万円以下で購入できるようになりました。
さあ、ノートパソコンとNavin'You、そしてGPSキットを組み合わせて、MP3再生やメール送受信なども可能な、超多機能カーナビゲーションシステムを作ってみましょう。
 …といいつつも、最近のスマートフォンではGoogle Mapをベースとして、上記のことはすべて実現できてしまった一方、殆どのソフトウェアが開発・配布および販売を終了してしまいました。さあ、どうしましょうか。

推奨環境・準備
ノートパソコン
マシンパワーはあればあるほど良い。振動下での動作であることを考慮すると、HDDよりはSSDのほうが無難。 CD-ROM/DVD-ROMドライブ:車の走行中の振動を考慮すると、仮想ドライブを用いるのが現実的。画面:解像度が低すぎると見づらいため、800×600以上で、かつ相応のインチ数が必要。サウンドボード:音声出力必須。
GPSレシーバー
ソニー製GPSキットのレシーバー(製造中止)
Navin' Youインストールと同時にドライバもインストールされるため、そのまま使用できますが、初期の製品は感度が悪く使い物になりません。せいぜい3代目以降が可とのこと。NMEA-0183を出力できるレシーバー
IO-DATA製GPS(PCGPS・CFGPS・CFGPS2)や、EMTACのBTGPSシリーズなど。以下の通りKNLinkを導入しましょう。
必要なソフトウェア
  • Windows2000以降
  • SONY Navin' You(発売終了)
    バージョン5.0以上が勧められます。本体および周辺ソフトにこまめに有志作成のパッチをあてることで現役使用を可能にするのが本記事。
  • ゼンリン Navin' You専用マップまたは ナビ研S規格拡張フォーマット対応ナビソフト(いずれも発売終了)
    専用マップはバージョン3(2002年秋発行)、ナビ研S規格拡張フォーマット対応ナビソフトは2011年で開発中止。これ以外の規格のディスクはNavin' Youでは読み込めません。
  • ImgBurn
    上記地図ディスクを仮想CD化するのに用います。必ずロウモードでバックアップすること。フリーウェア。
    旧CloneCDや、CD革命Virtualなどでも構いません。
  • Daemon Tools
    ImgBurnなどで仮想CD化した地図ディスクをマウントするのに用います。フリーウェア。
  • KNLink(配布終了)
    NMEA-0813出力レシーバーを用いる場合は必須。
    NyLink(配布終了)でも構いませんが、NMEA-0813に対応していないレシーバーだったり、測地系がWGS-84固定だったりすれば、更にGPS Player32(配布終了)によるデータ変換を要します。
かつてはあると便利だったもの
  • アルプス プロアトラスシリーズ(発売終了)
    プロアトラス2001・2002がサポートされており、それ以降のバージョンは公式には動作しない(下記のPronYouを併用すると動作可能)。ナビゲーションには使えませんが、見やすいため、上記ベクトル地図と組み合わせてサブ画面表示すると便利。
  • プロンユー(PronYou)(配布終了)
    名前の通り、Navin' YouでプロアトラスW/W2以降を使用可能にするパッチ(シェアウェア)。W3を使用可能にするには、プロアトラスのインストール先を\PROATLASW2とするかして、PronYouの参照フォルダを合わせればよいのです。
  • NaviconIIおよびNaviconIII(配布終了)
    前者はオービス警報を提供、後者はゼンリン電子地図Z[zi:]シリーズと接続(Z地図をNYが直接使うわけではないので注意)。GPS Player32と組み合わせて用います。
  • IBM ViaVoiceあるいは東芝音声システム(LaLaVoice)+ハンズフリーマイク(発売終了)
    アプリケーションを音声でコントロールするとクールです。東芝音声システムはNaviConと組み合わせて用います。
  • インターネット接続用通信機器
    インターネット情報検索ページで、Navin' Youのユーザーズポイントをワンクリックで導入できました。ただし現在は対応サイトはありません。
  • アドレスキャッチャー+ロボワード(配布終了)
    Navin' You付属のアドレスキャッチャーがインストールされていると、WinXP SP2以降ではアドレスキャッチャーが起動時にハングアップします(NYの初回インストール時には絶対にアドレスキャッチャーをスタートアップ登録をしないこと。後からの修正にはWinXPのセーフモード起動を要します)。
    WinXP SP2でアドレスキャッチャーを使うには、まずロボワードSDKのWinXP対応版(SP1まで)をダウンロード・インストールし、更にロボワードV5のアップグレードモジュール(上記リンク以外のバージョンでは動作しません)をダウンロード、ExpLZHなどを用いてRmNT.dllとRmNT.exeを抜き出し、これらを\windows\system32の同名ファイルに上書きすればよかったのですが…テクノクラフト自体が業務終了してしまいました。
カスタマイズに手間をかければかけるほど、市販の数十万のカーナビに近づく印象。なお、一般向けのATIS交通情報サービスは平成15年3月31日で終了、法人向けのATIS on NETに移行しています。

ゼンリン・ナビソフト読み込みの設定
Navin' You 3以前の場合
ナビ研S規格拡張フォーマット対応ナビソフトのファイルシステムは、WindowsでサポートしているCDFSではない独自型式であることから、読み込みにCDRHAPIX.vxdを介しています。従ってそのまま使用可能。とはいえ、ベースのOSがWin98/MEなので、いまさらNY3を使うことはなかろうかと思われます。
Navin' You 4.5の場合
ナビソフト読み込み機能をそのままに、これ以降のバージョンでは専用マップ(具体的にはCDFSで構築されたCD-ROM内のnymap.mapファイル)も使えるようになりました。とはいえ、やはりベースのOSがWin98/MEなので、いまさら不要。
Navin' You 5.0の場合
Win2000/XPにも対応になったことで、32ビットOS上では動作しないCDRHAPIX.vxdが同梱されなくなりました。NY4以前を持っており、かつOSがWin98/MEなら、
  1. 一度NY4をインストール
  2. C:/Windows/System/Iosusbsys/CDRHAPIX.vxdをバックアップ
  3. NY4をアンインストール
  4. NY5.xをインストールした後、CDRHAPIX.vxdを同じ場所に置く
…といった手順で、実CDドライブからのナビソフト読み込みが可能です。
OSがWin2000/XPである場合、あるいはWin98/MEでもNY4以前を持っていない場合は、実ドライブからの読み込みは不可能です。しかし、ImgBurnで作ったナビソフトのCDイメージをDaemon Toolsでマウントして読み込ませて使用することは可能です。
Navin' You 5.1の場合(=NY5.0にDVD対応パッチを適応したもの)
専用マップDVD版をサポートするようになった代わりに、navinyou.exeがナビソフト読み込みを公式にはサポートしなくなりました。有志作成のナビ研S規格拡張フォーマット読み込みパッチ(再配布)を当て、実質ダウングレードを行うことでナビソフト読み込みが可能になりますが、逆にDVDが読み込めなくなります。
Navin' You 5.5(商品番号PCQ-NYH55/PCQ-NYM55=パッケージ品「Navin' You 5 2001Edition」)の場合
アップグレードをしていなければ、マウントしたナビソフトのCDイメージから使用することが可能です。
ただし、バージョン番号の後に「(DVD地図対応版)」と表示されている場合は、やはり有志作成のナビ研S規格拡張フォーマット読み込みパッチによるダウングレードが必要です。
Navin' You 5.5(商品番号PCQ-NYH55D/PCQ-NYM55D=パッケージ品「Navin' You 5 2001Edition DVD」)の場合
C:\Program Files\Sony\Navin' You\Systemの、Naviken.dllとVolMan.dllがナビソフトをサポートしていません。別のパッケージから2つのファイルを万難を排して手に入れる必要があります。
なお、ナビソフトを用いた場合でも、MapCutterでNavin' You Pocket用の地図切り出しは可能です(ビッCLIE情報参照)。
ナビソフトからお出かけパックを作成する
NavinYou.exe
00010577: 75 EB
0001D0DF: 75 EB
0001D3EF: 75 EB
000240EB: 75 EB

NavinYou.exe (NY5.5.03の場合)
00010548: 75 EB
0001D30F: 75 EB 
0001D5AF: 75 EB 
0002436B: 75 EB

バイナリ修正が苦手ならば、下の手順を踏む方法があります(動作未確認)。なお領域選択が出来ないので注意。
  1. 専用マップ等で、予めお出かけパックを作り、C:\Program Files\Sony\Navin' You\VolumeManagerに出来た*.ffを確認する。
  2. ナビソフトでお出かけパック(全域)を作り、終了間際でハングアップしたらNYを強制終了する。
  3. C:\Program Files\Sony\Navin' You\VolumeManager\$$temp.ff を、1のファイル名にリネームする。
  4. NY起動後、ファイル→お出かけパック地図の編集で判りやすくリネームする。
専用マップを持っていない(上記1が出来ない)場合は、上記2の後、C:\Program Files\Sony\Navin' You\VolumeManager\TravelPk.idxを削除し、上記3で適当にリネームするだけでよいようです(動作未確認)。
他のPCで作ったお出かけパックを読み込む
VolMan.dll
00016418: 0F 90
00016419: 84 90
0001641A: D7 90
0001641B: 00 90
0001641C: 00 90
0001641D: 00 90
00016420: 0F 90
00016421: 85 90
00016422: CF 90
00016423: 00 90
00016424: 00 90
00016425: 00 90
00016454: 74 EB

GPSとNavin' Youの連携設定
ソニー製GPSキットのレシーバーの場合、接続するのみで構いません。

NMEA-0813出力レシーバーの場合、通信ポート(COM3など)としてWindows標準のドライバでインストールした後、KNLinkをC:\Program Files\Sony\Navin' You\System\GPSに導入します。

なお、KNLinkの代わりにNyLinkを導入する場合、このNyLinkはもともと16ビットWindows用に開発されたため、Win2000/XPで用いる場合はパッチを当てる必要がありました(パッチ後のNyLinkはこちら(再配布))。NMEA-0183に対応していなかったり(USB-GPSなど)、NMEA-0183出力であってもWGS-84測地系のGPSキットである場合(BTGPSなど)GPS Player32を導入する必要がありました。現在では全てKNLinkで対応可能です。

Navin' Youを起動後、「GPS」→「GPS/ルートガイド機能設定」にて以下のように設定します。

  • ソニー製GPS:機種をそのまま選択します。
  • PCGPS・CFGPS・CFGPS2など:KNLinkを選択します。NyLinkなら「NMEA-0183($GPRMC only)」を選択します。
  • GPS Player 32を導入した場合:Navin' You起動前にGPS Player 32を起動しておき、「NYLINK for GPS Player 32」を選択します。
  • POT出力が可能なもの:「FGPS標準POTインターフェース」を選択します。
  • USB-GPS:通信ポートとしてではなく、USB機器として認識されてしまうため、工夫が必要です。まず、(純正ドライバでなく)アルプス社提供のGPSドライバ(ホームページ閉鎖)でUSB-GPSからの信号をDDEに変換、DDELINKERでDDEからPOTに変換します。Navin' Youでは「FGPS標準POTインターフェース」を選択します。

GPS PlayerやDDELINKERを介した場合、Navin' Youでの天空図は表示されません。


参考リンク
NMEA-0183 出力の GPS レシーバを Navin' You で
 

Last Updated:2017/07/20
Copyright (C) 1997-2017 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.