すたじお やまあらしロゴ
麻酔薬・消炎鎮痛薬・オピオイドいろいろ
  • 麻薬および向精神薬取締法により、取引が全般に厳しく制限されている。

凡例
大分類
中分類
小分類
一般名の日本語・英語表記
製剤番号
先発品の日本語・英語表記
(発売元・製造元・販売元など)
後発品の一部
小ネタ

麻酔薬
 
プロポフォール    
エトミデート    
ケタミン    
クラーレ    
ハロセン    
サクシニルコリン    
エンフルフェン    
セボフルラン    
イソフルラン    
キセノン
   
 
ペンタゾシン ソセゴン
ペンタジン
ペルタゾン
第2種向精神薬。
 
     
     

消炎鎮痛薬
ピリン系
ピラゾラン系
     
     
     
非ピリン系
アニリン系
アセトアミノフェン ピリナジン
カロナール
アンヒバ
タイレノール
 
NSAIDs
非ステロイド性抗炎症薬
サリチル酸系
アスピリン    
エテンザミド    
ジフルニサル    
プロピオン酸系
  ロピオン  
ロキソプロフェン ロキソニン  
イブプロフェン    
プロパン酸系
フルルビプロフェン    
エスフルルビプロフェン    
酢酸系
ジクロフェナク ボルタレン  
インドメタシン インダシン  
フェニル酢酸系
フェルビナク    
オキシカム系
ピロキシカム
Piroxicam
パキソ  
テノキシカム    
ドロキシカム    
ロルノキシカム ロルカム  
メロキシカム    
塩基系
     
COX-2阻害薬
ロフェコキシブ
Rofecoxib
バイオックス 販売中止。
セレコキシブ セレブレックス
セレコックス
 
メロキシカム モービック  
エトドラク オステラック
ハイペン
 

Opioids
オピオイド
Opiates
オピエート
モルヒネ
モルフィン
Morphine
  多くのエステル類が存在する。
ヘロイン
Heroin
ヘロイン Heroin (Bayer) モルヒネのプロドラッグ。
コデイン
Codeine
メチルモルヒネ
  モルヒネのプロドラッグ。弱オピオイド。
テバイン
Thebaine
パラモルフィン
Paramorphine
   
オキシコドン
Oxycodone
パビナール注「タケダ」 (武田)
オキシコンチン
テバインから合成される。強オピオイド。太宰治が中毒に陥ったことで有名なパビナールは、実はオキシコドン。
デルモルフィン
Dermorphin
   
フェンタニル
Fentanyl
デュロテップ
フェントス
合成オピオイド。強オピオイド。
アルフェンタニル    
サフェンタニル    
メサドン
メタドン
Methadone
メサペイン 合成オピオイド。
ペチジン
Pethidine
メペリジン
Meperidine
オピスタン
ペチジン
合成オピオイド。
レミフェンタニル
Remifentanil
アルチバ  
ブトルファノール    
トラマドール
   
ナロキソン
  拮抗薬。
ナフトキノン
Naphthioquinone
  抗菌薬および抗寄生虫薬・抗悪性腫瘍薬として用いられる。
ブプレノルフィン
Buprenorphine
レペタン
ノルスパン
オピオイド部分作動薬。鎮痛薬およびオピオイド拮抗薬(依存症治療薬)として用いられる。
エトルフィン
Etorphine
  最も高い鎮痛活性がある。動物用麻酔薬として用いられるもののヒトには用いらることはない。
アヘンチンキ   アヘンのアルカロイドをほぼ全て含有する。
Opiates
オピエート誘導体
ヒドロコドン    
ヒドロモルヒネ    
オキシコドン    
オキシモルヒネ    
Meconates
メコナート
メコン酸
Meconic acid
ポピー酸
Poppy acid
  ケシ科植物から分離される。
内因性オピオイド
エンドルフィン
Endorphin
   
エンケファリン
Enkephalin
  C末端がメチオニン・ロイシンの2種(Tyr-Gly-Gly-Phe-Met/Leu)が存在する。
ダイノルフィン
Dynorphin
   
 

Last Updated:2018/08/05
Copyright (C) 1997-2018 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.