ディジタル・クリエイターズ・カンパニー すたじお やまあらし
医療な情報
当サイト中で最も閲覧者数が多いのが医療コンテンツの模様。新薬を中心に掲載しています。

コンテンツ
抗うつ薬【第1世代】いろいろ 抗うつ薬の始祖
抗うつ薬【第2世代】いろいろ 第1世代の副作用軽減・効果増強の筈が…
抗うつ薬【第3世代】いろいろ 現在の気分障害治療の主流
抗うつ薬【第4世代】・抗躁薬いろいろ これからの気分障害治療の主流、神経障害性疼痛などへの応用も
抗うつ薬【開発中】いろいろ 開発のトレンドを知ることで病態仮説が見える
中枢神経刺激薬・ナルコレプシー治療薬いろいろ 依存性・耐性形成との紙一重
抗精神病薬【定型薬】いろいろ 抗精神病薬の始祖
抗精神病薬【非定型薬】いろいろ 現在の統合失調症治療の主流
抗精神病薬【開発中】いろいろ 開発のトレンドを知ることで病態仮説が見える
抗不安薬いろいろ ほぼベンゾジアゼピン作動薬、一部はセロトニン仮説による
睡眠薬いろいろ ほぼバルビツール系およびベンゾジアゼピン作動薬、一部はメラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬
抗パーキンソン病薬・多発性硬化症治療薬・抗片頭痛薬いろいろ 神経難病・変性疾患へのアプローチ
脳循環代謝改善薬いろいろ 現在に至る脳科学研究の礎
抗認知症薬いろいろ 概ね進行抑制薬、開発のトレンドも含む
抗てんかん薬いろいろ 気分安定作用・神経保護作用にも注目
麻酔薬・鎮痛薬・オピオイドいろいろ 緩和医療領域の話題
依存症治療薬いろいろ アルコール・薬物に限らない依存症関連疾患へのアプローチ
血糖降下薬いろいろ 精神疾患およびその治療において無視できない耐糖能異常への対処
中枢神経治療機器いろいろ 構築中。いわゆるニューロモデュレーション治療
抗HIV薬およびHAART 抗HIVおよびレジメン(推奨されないもの・過去のものも含む)の組み合わせ表
日本漢方への接近 覚え書き
懐かしの国家試験関連企業情報 医師国家試験の各種情報提供元
薬剤のIUPAC命名法からみえてくるもの IUPACのStemBookからの抜粋
製薬企業戦国時代 群雄割拠
神経関連の人名列伝 カタカナ語の殆どは人物由来なのです
廃れつつある医療ドイツ語 現在40代以上のDrでないとたぶん知らない知識
COVID-19へのアプローチ 緊急特集
 

Last Updated: 2021/06/18
© 1997-2021 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.