すたじお やまあらしロゴ
モノレール・ドリーム交通の跡を探る

大船〜ドリームランドの5.3kmを結んでいたドリーム交通の跡を探ってみました。
1966年5月2日に開業、しかし翌年の1967年9月24日以降休止してしまったので、結局1年ちょっとしか運転されず、その後路線は永い眠りについています。採算が取れなかったためではなくて、陸運局からの勧告(安全性によるもの)による休止なので、いずれ補強された後に復活することになっていました。そのため、あくまでも廃止ではなく、永らく休止状態の路線でしたが…(後述)。
画像をクリックすると拡大表示されます。

撮影:2000年4月

dream01.jpg (14732 バイト) モノレール大船駅の建物自体は平成2年に取り壊され、案内軌条だけが残っています。先端には車留めも見えます。
dream15.jpg (14576 バイト) 急カーブで柏尾川を渡る案内軌条。
dream18.jpg (17828 バイト) 長尾台町の住宅街の裏山を削って進む路線。「ドリームランドへ モノレール直通8分」と書かれているけど、わからないよね…実際に見学に行くのがベスト。
dream5-8panolamic.jpg (61647 バイト) この写真の右側が大船方面、左側がドリームランド方面。最もパノラミックな構造物(4枚の写真を合成)。この上を歩くのは さすがに無理。
dream47.jpg (11808 バイト) 長後〜ドリームランドの計画もあったらしく、ドリームランド付近では複線構造になっています。
dream20.jpg (17505 バイト) ドリームランド駅手前。将来の複線化に対応した橋脚。
dream27.jpg (26189 バイト) ドリームランド駅裏側の階段。
dream24.jpg (29527 バイト) ドリームランド駅裏手には、(出発)信号機が残っています。
桜の花びらで見えづらいですが、ホームに書かれた乗降口表示。
dream33.jpg (30590 バイト) 駅名板の支柱も残っています。肝心の駅名表はなくなってしまいました。
dream35.jpg (30635 バイト) 終点側から大船方向を望む。右側が普段使われていたらしいホーム。左側のホームは長後方面延伸時の準備だったのでしょうか?
dream41.jpg (18631 バイト) 荒れ果てたホーム跡。
dream38.jpg (23170 バイト) これもホーム跡。大船方面を望む。
dream42.jpg (26649 バイト) 多くの人で賑わっただろうと思われる、ドリームランド駅表側。ここから道路を渡って数十メートルで、ドリームランド遊園地入口に到着。駅前広場は、現在横浜銀行の駐車場に、終点方向にあった車庫の跡地にはローソンが建っています。
dream52.jpg (14155 バイト) JR大船駅の案内板では、あくまでも「休止中」になっています。

「(株)ドリーム交通」の名称が、ダイエー資本の「ドリーム開発」に変わり、大船駅跡地の駐車場事業が主体となっても、免許は更新され続けました。1996年には、新交通システム(HSST)で3年後に復活という計画も出されましたが、件のダイエーの経営不振、2002年1月のドリームランド閉園の影響で、2002年8月、ついに路線廃止の決定がなされました。のち、100億円をかけて全施設を撤去の運びとなっています。

 

Last Updated:2018/06/10
Copyright (C) 1997-2018 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.