すたじお やまあらしロゴ 20th ANNIVERSARY since 1997
新交通システム
沖縄国際海洋博覧会協会 1975年(昭和50年)7月20日 開業(北ゲート〜国際広場〜南ゲート)
1976年1月18日 廃止
地方鉄道法に基づく案内軌条式鉄道
中央案内式
1.4km 国内初の案内軌条式中量輸送システム。(大量輸送システムは札幌市高速電車が確立)。
神戸新交通 1981年2月5日 ポートライナー線開業(三宮〜南公園)
2006年2月2日 ポートライナー線延伸(市民広場〜神戸空港)

1991年2月21日 六甲ライナー線開業(住吉〜マリンパーク)
地方鉄道法→鉄道事業法に基づく案内軌条式鉄道
中央案内式
9.2km
4.5km
国内初の本格的な案内軌条式中量輸送システム。ポートライナー線は神戸空港までの延伸および複線化工事を行っている。
大阪市交通局
南港ポートタウン線(ニュートラム)
南港・港区連絡線(ニュートラムテクノポート線)
1981年3月16日 南港ポートタウン線開業(中ふ頭〜住之江公園間)
2005年7月1日 OTSニュートラムテクノポート線の一部を編入(トレードセンター〜中ふ頭)、併せてコスモスクエア〜トレードセンターの第2種鉄道事業者となる
地方鉄道法→鉄道事業法・軌道法に基づく案内軌条式鉄道
標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式
6.6km 100形 。コスモスクエア〜トレードセンター前・中ふ頭〜フェリーターミナルは鉄道事業法、それ以外の区間は軌道法による。
大阪港トランスポートシステム(OTS)
南港・港区連絡線(ニュートラムテクノポート線)
1997年12月18日 南港・港区連絡線(ニュートラムテクノポート線)開業(コスモスクエア〜中ふ頭)
2005年7月1日 一部路線を譲渡(トレードセンター〜中ふ頭)、コスモスクエア〜トレードセンター(および地下鉄テクノポート線)のみの第3種鉄道事業者となる
鉄道事業法・軌道法に基づく案内軌条式鉄道
標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式
京成谷津遊園
VONA実験線
1972年3月 開業
1982年12月21日 閉園と共に廃止
中央案内式
VONA
  日本車両が開発したシステム。
山万
山万ユーカリが丘線
1982年11月2日 開業(ユーカリが丘〜中学校)
1983年 延伸(中学校〜公園)
中央案内式
VONA
5.1km 車両愛称:こあらx号
埼玉新都市交通
伊奈線(ニューシャトル)
1983年12月22日 開業
(大宮〜羽貫)
1990年 延伸(羽貫〜内宿)
標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式 12.7km 1000形+1x5x形
東北・上越新幹線建築の見返りに建設。新交通システムの標準化仕様に準じた初の路線。
西武鉄道
山口線
(レオライナー)
1950年8月1日 オトギ線開業(多摩湖ホテル前(遊園地前)〜上堰堤)
1951年9月16日 延伸(上堰堤〜ユネスコ村)
1952年7月15日 軽便鉄道・山口線に転換
1984年5月14日 休止
1985年4月25日 新交通システム・山口線開業(西武球場前〜遊園地西〜西武遊園地)
地方鉄道法→鉄道事業法に基づく案内軌条式鉄道
標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式
2.8km 軌間762mmのナローゲージSLの旧山口線(オトギ列車)の敷地の一部を用い、西武球場前駅に乗り入れた。8500形。車両愛称:レオx号
アジア太平洋博覧会(よかトピア) 1989年 ガイドウェイバス 国内初のガイドウェイバス。福岡市でのアジア太平洋博覧会会場内輸送機関として使用。
横浜新都市交通
金沢シーサイド線
1989年7月5日 開業 軌道法に基づく案内軌条式軌道
標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式
10.6km 1000形・2000形
金沢八景駅の移設により、京浜急行の同駅への乗り入れは2018年度。
桃花台新交通
桃花台線
1992年3月25日 開業
2006年10月1日 廃止
中央案内式
VONA
7.4km 100形。路線愛称:ピーチライナー。実は大赤字で、JR北海道のDMV導入も検討されていたが廃止。
広島高速交通
広島新交通1号線(アストラムライン)
1994年8月20日 開業(本通〜広域公園前) 標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式 18.4km 60系 。
東京臨海新交通
臨港線

(ゆりかもめ)
1995年11月1日 開業
2001年3月22日 延伸(新橋(仮)〜新橋(現))
2006年3月27日 延伸(有明〜豊洲)
鉄道事業法および軌道法・標準型新交通システム統一規格に基づく側面案内式 11.9km 7000形。・7300形。日の出〜お台場海浜公園・テレコムセンター〜国際展示場正門については鉄道事業法(道路と独立して建設されているため?)、それ以外の区間は軌道法による。
名古屋ガイドウェイバス
志段味線

(ゆとりーとライン)
2001年3月23日 開業(大曽根〜小幡緑地) 軌道法および道路交通法に基づくガイドウェイバス 6.5km 専用区間のみ軌道法が適応される。
実験用HSST HSST 350m 日本航空が開発に参加。
01・02を経て、03は科学万博つくば'85、カナダバンクーバー交通博、葵博(愛知県岡崎市)の後、葵博会場跡の南公園交通広場に静態展示。04はさいたま博覧会にて走行。05は横浜博覧会で走行。100は大江実験線で走行。
シャトル桂台 2001年4月1日 開業
2006年12月 休止
2007年7月18日 廃止
BTM型
JR東日本+日本電設
220m パストラルびゅう桂台とJR猿橋駅を結ぶ。
愛知高速交通
東部丘陵線
(リニモ)
2005年3月6日 開業(藤が丘〜万博八草) HSST-100 8.9km 国内初の実用型HSST。当初は万博八草から東方向に万博会場が建設される予定であったが、東部丘陵内の青少年公園に万博会場が作られることになり、東方面への延伸はなくなった。
大江実験線のHSST-100、ドリームランドモノレール跡地で軌道敷地の転用を考慮され開発された100Lをベースに車両開発された。
東京都交通局
日暮里・舎人ライナー
2008年3月30日 開業     300形

参考文献:知られざる鉄道(JTBキャンブックス)ほか

Last Updated:2017/10/03
Copyright (C) 1997-2017 Studio Yama-Arashi. All Rights Reserved.